アナと雪の女王 Frozen

アナと雪の女王 Frozen

話題性あり
アナと雪の女王 Frozen
アナと雪の女王 Frozen

アンデルセンの童話を下敷きにしたディズニーの映画『アナと雪の女王』の本格的な舞台化は、すでにカリフォルニアにあるディズニーのテーマパークやクルーズラインの船内にある劇場向けに先行されていたが、今回はブロードウェイとあって大きな期待が寄せられた。前売りチケットに至っては、週末などの需要の高い公演でプレミアムがつき、一枚9400ドルで取引される異例自体となった。今回の舞台版では、大ヒット曲「レット・イット・ゴー / ありのままで」を筆頭にした映画でお馴染みミュージカルナンバーに、氷の魔法をコントロールできずに悩むエルサのソロや、悪役ハンスの楽曲などおよそ10曲が新たに追加されている。

あらすじ&コメント

演出を手掛けたのはイギリス人のマイケル・グランデージ。ご存知の様に北欧にある架空の王国を舞台に、手に触れたものを凍らせる力を持つ王女の姉エルサと、楽観的な性格の妹アナという対照的な主人公2人の別れや対立、そして絆を軸に描かれている。舞台版の物語は原作映画とほぼ同じで、氷の怪物マシュマロウがカットされているが、主要なキャラクターは全て登場する。主人公たちを手助けするトロールたちは、舞台版では石の生物ではなく、アイスランドに伝わる妖精(Huldufólk)をモデルにした尻尾のはえたエルフに変わっている。

ディズニーの人気作品の舞台化とあって製作費は3千万~5千万ドルと言われるほど莫大だ。舞台装置の規模も半端ではなく、上演されているセントジェームズ劇場のステージはスペースを拡張するため、建物の壁の工事を行った。40人の出演者に対して64枚ものかつらを使用しているともいう。舞台装置の多くはCG映像に頼っているが、オーロラを映し出す緞帳や北欧風の背景などは美しいし、クリスタルの装飾品で有名なスワロフスキ製の衣装も装置も煌びやかで豪華だ。 クライマックス寸前に、悪役ハンス王子が振り下ろす剣から姉エルサを守るため、自らからその剣の前に飛び込み凍ってしまうアナを先頭に列を成すアンサンブルが身にまとった白い衣装に、プロジェクション・マッピングと音響効果により映し出される氷が、徐々に連鎖して広がっていく様子は見事に再現され、観客の歓声があがっていた。

人間以外の キャラクターでは、マイケル・カリーが手掛けたパペットが重要な役割を果たしている。魔法によって命が宿った雪だるまのオラフは、等身大半分の高さのパペットの背後に役者がついて操る『ライオンキング』のティモンのような手法となっている(同じデザイナー)。トナカイのスヴェンは、観ている限り前足と後足をそれぞれ一人づつ合計二人で操っているように見えた。ところが後に一人が両手両足に義足のような蹄を装着し四つん這いになりながら、動物らしい豊かな動きや表現を担っていると知って驚いた。

主人公のエルサやアナの衣装も基本的なデザインや色使いは映画のままだが、アナ雪のファンの中では「楽しかったが、アナとエルサのイメージが随分違った」という意見も多い。アナ(パティ・ミュリン)はプリンセスというよりは素振りや喋り方が平民の様で、腕も太くガッチリとしたポッチャリ体型。元々階級が存在しないアメリカ人に親しみを持たせる意図があったのかも知れないが、城内で隔離されていたにもかかわらず、戴冠式の際に城を訪れてくる民以上に屋外で働いてきた様な違和感があった。エルサ(キャシー・レヴィー)は反対にかなり痩せていて顔つきが年取って見える上に、姿勢がイマイチ。第2幕では美しい銀のロングスカートではなく、何故か銀のパンツで出てくるので、更にその姿勢の悪さが目立ったのは残念だ。映画で歌ったイディナ・メンゼルのように「ありのままで」 を歌うのは余程難しいのだろうか。 あれだけの声量と音域で週8回の公演をこなせ、演技もでき多少のダンスもできる人材は、いくら層の厚いアメリカと言えども簡単には見つからなかったのかも知れない。

第一幕の最後を飾るのがエルサのソロ「レット・イット・ゴー / ありのままで」だ。サビのところでエルサの手袋とケープが飛び去り、更にはドレスへの衣装の早変わりがあり、氷の魔法が役者の動きと連動した映像により再現され、拍手喝采が起こった 。

カーテンコールでは客席に大量の紙ふぶきの雪が降る。正方形の5ミリと1センチなどに切り分けられたものが、キャノン砲のように一気にではなく一定のリズムでシンシンと降る。そして上から降るのではなく、両サイドから風に吹かれて舞い上がって降ってくる。

開演前、ロビーにプリンセスの衣装を着た少女らが、母親に連れられて観に来ているの姿があちらこちらに見えた。ただ、上演時間は映画の109分とあまり大差はないものの、映画の様なカット割りやアングルの変化のない生の舞台では、幼い子供達の集中力が持たないようだ。途中で駄々をこねたりしている声も聞こえた。性的な大人向けのジョークも多少含まれていたし、券面額で購入しても安くないブロードウェイのチケットなので、帰りたがる子供を連れて来た親が不憫になる。8歳以下の子供は連れてこない方が良いかも知れないが、アイススケートショー「デズニー・オン・アイス」でも『アナ雪』は短編としてではなく長編として製作されていて、こちらはかなり子供も楽しめると聞いている。

このブロードウェイの『アナと雪の女王』は、CGを使った見事な特殊効果と美しい舞台セットで、ディズニーらしく見せ場も提供され、シンプルではあるが笑と涙も揃っており、ティーンエイジャー用のエンターテインメント作品としてレベルがかなり高いと言える。

3/27/2018

メディア評

NY Times: 5
Wall Street: 7
Variety : 5

St. James Theater
246 W. 44th St

公演時間:2時間20分(15分の休憩)

舞台セット ★★★★★
作詞作曲 ★★★★☆
振り付け ★★★★☆
衣装 ★★★★☆
照明 ★★★★☆
総合 ★★★★☆

Photos by Deen van Meer

Photos by Deen van Meer

Photos by Deen van Meer

Photos by Deen van Meer

Lost Password